TUFS日露ビジネスネットワーク(BIZNET)

TUFS日露ビジネスネットワークとは、本学の世界展開力強化事業(ロシア)の実施を OB・OGの立場から支援していただくため、卒業生のうちロシアビジネスに関わっている、あるいはご経験のある方々の集合体です。本学の在校生・留学生からのキャリア相談に乗り、彼らにロシアビジネスについて語り、所属企業・団体で後輩たちにインターンシップの機会を与える、あるいは与えるための橋渡しをする等々の支援が期待されています。

こうした活動を通じ、在学中に社会性を身につけ、将来 ロシアビジネスのさまざまな分野・ジャンルで活躍できるようになることを目指すとともに、支援を受けた在校生・留学生が卒業後にロシアビジネスに携わるようになったら、今度は必ず彼らがビズネットに加入し、後輩たちの面倒を見るようになることを理想としています。

ご賛同・ご協力をいただけるようでしたら、本事業の推進コーディネーターである新井滋特任教授のメールアドレス arais@tufs.ac.jp にお便りをいただけますと幸いです。皆様のお力添えを心より待ち申し上げております。

2018年3月23日(金) 
「TUFS日露ビジネスネットワーク」会合をウラジオストクで開催

2018年3月23日(金)、ウラジオストクにて「TUFS日露ビジネスネットワーク」会合を開催しました。大学の世界展開力強化事業(ロシア)の現地パートナー(極東連邦大学および日系機関・企業)との協議のために、本事業責任者である沼野恭子教授をリーダーとする代表団が出張で当地を訪れた機会をとらえ、当地で初の東京外語会が、「TUFS日露ビジネスネットワーク」会合として開かれたものです。

参加者は代表団4名を含む以下の総勢10名です。
間瀬一郎氏(飯田グループRUS管理部長)、塚越靖一氏(NHKウラジオストク支局長)、岡部李咲氏(在ウラジオストク日本国総領事館副領事)、谷本達也氏(極東連邦大学日本語教員)、極東連邦大学への派遣学生1名、ウラジオストク滞在中の本学学部2年生、沼野恭子教授(大学院総合国際学研究院)、前田和泉准教授(大学院総合国際学研究院)、新井滋特任教授、水田グローバル・キャリア・センター職員。

現地進出企業・政府系機関では本学OBOGが活躍していることから、今回の訪問の機会をとらえ、OBOGと現在極東連邦大学派遣中の本学学生および偶然ウラジオストク旅行中のロシア語2年の学生が一堂に会し、大学の世界展開力強化事業(ロシア)や今後の交流・協力について理解を深めコミュニケーションを図りました。

会合では派遣学生のロシア留学生活や将来の人生設計等についての話題、OBOGの仕事内容や社会人としてロシアで働くにあたっての具体的アドバイスや人生全般についてのヒント等で会話が盛り上がり、今後の円滑なコミュニケーションの基礎を固めることができました。

russia180327_1

2018年1月11日 

TUFS日露ビジネスネットワーク会合を開催しました

本学にて「日露人的交流の飛躍的拡大に貢献するTUFS日露ビジネス人材育成プログラム」の推進役の1つとなっているTUFS日露ビジネスネットワーク(主に本学の卒業生でロシアビジネスの経験者・関係者の組織)のメンバーによる本プログラム実施へのサポートに関する会合が開かれました。

出席したのは、本学から同プログラム推進責任者の大学院総合国際学研究院・沼野恭子教授、同・前田和泉准教授、同プログラム・コーディネーター・新井滋特任教授、学外から、東京外語会理事・冨通夫氏、日揮(株)営業本部本部長スタッフ・加藤資一氏、ロシア・ユーラシア政治経済ビジネス研究所代表・隈部兼作氏、同研究所主任研究員・武村翔貴氏、日本ユーラシア協会事務局長・浅野真理氏、三井物産(株)執行役員CAO補佐・目黒祐志氏の合わせて計9名。

席上、本学と日露ビジネスネットワーク、卒業生の同窓会組織・東京外語会との相互連携をどう進めていくかについて意見交換が行われました。特に本学の学生かロシアの協定校の学生を問わず、将来の日露間のビジネスに貢献できる人材像、その育て方について様々な見解が示されました。 また、ロシア及び日本国内で日露の学生のために実施するインターンシップにつき、どのように協力企業・団体の数を増やしていけるか、その内容をどう充実させていくかについて話し合われました。russia180123_1


11月25日(土)グローバル・コミュニティ会合(モスクワ)での 「TUFS日露ビジネスネットワーク」の拡充と支援

去る2017年11月25日、モスクワにて 「TUFSグローバル・コミュニティ会合」が開かれました。当地では2014年に続いて2回目となります。今回、同会合が開催される運びとなったのは、本学が平成29年度「大学の世界展開力強化事業(ロシア)」の採択校の1つに選ばれたのに伴い、本学の代表団がモスクワを訪問する機会を捉えてのものです。
そもそもモスクワ訪問の最大の目的は、日露間の学生交流をさらに活発化させるためにモスクワの各協定校と詳細な打ち合わせを行うことにあるとともに、同事業のもう1つの主要な柱である、モスクワにおいて日露学生のために用意するインターンシップ機会について、同地に進出している日系企業や日本政府系団体に学生の受け入れを打診すること、あるいは既にご賛同いただいているところとは、インターンシップ実施の具体的内容について話し合うことでもありました。
短い出張期間で、個別にお会いできる企業・団体の数は限られています。大学とのアポイントの合間を縫って面談の予定が入れられたのは4つの企業、2つの団体でした。 そこで、モスクワに在留している本学の卒業生を組織した「東京外語会モスクワ支部」が、本学の留学生も招待し、年に数回開いている懇親会(モスクワ外語会)をベースにしたグローバル・コミュニティ会合を催すことで、様々な業種の企業・団体に勤務する卒業生に一堂に会してもらい、本事業を支援する「TUFS日露ビジネスネットワーク(ビズネット)*」の拡充を効率良く行い、さらに留学生とのコミュニケーションの場とすることにしたものです。
そのため会合では、OB・OGにはビズネットに積極的に参加し、彼らの勤務先で留学生のためのインターンシップ受け入れを要請しました。 一方、学生に対しては、彼らにとって外国であるロシアでインターンシップを経験する意義や注意事項を説き、また自分たちが社会人となってからは、自分が受けたと同様のサポートを後輩たちに提供するため、将来自ら進んでビズネット活動に参画するよう促しました。
会合には、匂坂理事・事務局長のほか、大学の世界展開力強化事業(ロシア)事業責任者である沼野恭子教授(大学院総合国際学研究院、ロシア文学、ロシア文化)、鈴木義一教授(大学院総合国際学研究院、現代ロシア地域研究、経済史、比較経済体制論)らが、東京外語会モスクワ支部からは城(たち)芳久支部長をはじめ、帰国留学生を含めた17名が参加しました。また、本学からロシアに留学中の学生12名も加わり、計35名が集いました。
このようにして概ね初期の目的を達成することができました。

ru171221_9
グローバル・コミュニティ会合にて