第1回日露大学協会総会と日露学生フォーラムに参加

2018年5月18 (金) から同20日 (日) にかけ、北海道大学および札幌市内のホテルにて, 第1回日露大学協会総会(第7回日露学長会議)と日露学生フォーラムが開催されました。同協会は、2016年12月の日露首脳会談の折,日露の大学間交流強化を目的に両国の高等教育機関の代表間で「日露大学協会」についての了解覚書が締結されたことにより設立に至ったものです。その後、日露大学間の準備作業を経て、この度第1回総会が日本側で開かれることになりました。総会には、本学を含む日露大学協会加盟校である日本側21大学, ロシア側11大学の関係者, 他に日露の大学間交流に関心の高い大学や協賛企業も集まり,約160名が参加しました。総会のテーマは「日露経済協力・人的交流に資する人材育成の推進」。    この総会の枠組みのなかで、3つの分科会(人材交流, 医療健康, 地域開発)及び人文社会フォーラムが開かれ, 各大学の紹介や交流計画が披露されました。また, 今後の大学間交流の活性化を図るための方策についての議論がありました。分科会における議論のまとめや日露学生フォーラムの話し合いを踏まえた共同宣言案が取りまとめられ、北海道大学およびモスクワ大学の学長が日露それぞれを代表し署名しました。それに加え、「人材交流委員会」「学生連盟」「専門セクション運営委員会及び専門セクション」を設立すること、若手研究者をはじめとする学術交流を進め、異分野融合や産学連携を進めることも確認されました。更に今後、総会が1年半ごとに開かれる原則に従い、次回総会が2019年秋にロシアでモスクワ大学がホストとなり開催されることが承認されました。

本学からは、大学の世界展開力強化事業(ロシア)の事業責任者である沼野恭子教授と同事業のコーディネーターを務める新井滋特任教授が出席しました。沼野教授は人材交流分科会にて本学の概要および本学が進める展開力強化事業の取組状況を中心にロシア語でスピーチしました。

.jpg
総会参加者による記念撮影 – 後列左から5人目が沼野恭子教授

18日~19日(土)には,総会関連イベントとして日露学生フォーラムが開催され、合わせて34名の日露の学生による、二国間交流を更に前進させるための意見交換が行われました。本学からは、国際社会学部ロシア地域専攻2年の兵藤大介君が参加しました。19日の日露大学協会総会が始まる前に行われた同フォーラム成果発表会に向けた準備のため、前日夜遅くまで日露の学生とともに作業に加わりました。また,学生達は、エクスカーションやレセプションをはじめとするイベントに参加し、交流を深めていました。

以下に本学から参加した兵藤君のレポートを紹介します。

平成30(2018)年5月30日

日露学生フォーラム2018に参加して

東京外国語大学
国際社会学部ロシア地域専攻2年
兵藤 大介

5月18日(金) ~ 19日(土)に札幌にて開催された日露学生フォーラムに参加させていただきました、ロシア語科2年の兵藤大介です。今回は日露交流をテーマに日露の各大学から様々な専門分野の学生が集まり、主にエクスカーションとディスカッションを通し有意義な時間を過ごすことができました。バックグラウンドが大きく異なる学生が集まったことで、ロシアと一口に言っても経済、医療、農業など様々な切り口があることに気付かされた一方で、「交流はお互いの文化を知ることから」という意識を共有することができたからです。 またこのような実践的な経験を通し、その根底にあるツール=英語、ロシア語への意識が高まったのは言うまでもありません。

まず18日の午前中はエクスカーションとして北海道開拓の村に行きました。北海道は明治時代に政府主導で開拓が進められた土地であり、保存された建造物や展示を通しロシア人とともに当時の歴史を学ぶことができました。午後から始まるディスカッションを前にエクスカーションを通してロシア人と和やかな雰囲気で会話をすることができたのも大きな収穫でした。(写真①、②参照) 私のグループのロシア人は全員日本語が堪能であったため、会話は英語と日本語で行われることが多かったです。しかし、日本人学生側もロシア語を積極的に使うことでロシア人との距離を縮めやすくなるのだと体感しました。日露学生フォーラムという名の下で行われる以上ディスカッションで得られた成果が注目されやすいのは当然のことですが、こうして一緒に歩き、話しながら歴史を学んでいくことにより、体験した人にしか実感できない交流、このフォーラム期間にとどまらない関係を築くことができたと感じます。当初プログラムの最後に予定されていたエクスカーションをディスカッションの前に組み込んだのは、ディスカッションをリラックスした状態でできるようにとの配慮があったのではと考えています。

 午後は分けられたグループごとにディスカッションを行いました。そこでは日本とロシアの文化の差が焦点となることが多かったと感じました。私たちのグループでは結局Mutual understanding between Japan and Russiaとまとめたプレゼンを行い、日本とロシアの文化の差を尊重しつつ双方でお互いの文化をシェアしていこうと提案しました。(写真③参照)

 その後各グループから選ばれた代表者2名が19日のフォーラム本番でのプレゼンに向けて準備を進め、その他の学生はstudent union設立に向けて話し合うことになりました。私はグループの代表者に選ばれたため、他グループの代表者と各グループのプレゼンを一つにまとめるための話し合いをしていました。

 各グループでの話し合いはそれぞれ特徴があり一つにまとめるのは困難でした。そんな中結局私たち代表者グループの方でもstudent unionに焦点を当ててディスカッションを行うことになりました。最終的には代表者グループから4人を選んでフォーラム本番でのプレゼンを行なったのですが、私はこれには選ばれなかったため、パワーポイントの作成など裏方にまわることとなりました。このフォーラムには文部科学大臣をはじめ、各大学で日露交流を司る方々が集まっていました。私たちは彼らに、student unionを設立することがいかに日露交流促進に寄与するかをアピールしようと考えながらプレゼンの準備を進めました。結果、この構想は一定の評価を得たのではと手応えを感じています。我々学生の方でもstudent union の構想は現在進行形で進んでおり、今後が楽しみなところです。

.jpg
写真① 「北海道開拓の村」でのエクスカーションと交流
ガイドさんの説明を聞きながらロシア人学生と一緒に歩きました。
2
写真② 「北海道開拓の村」でのエクスカーションと交流
3
写真③ 「日本とロシアの相互理解」をテーマにディスカッション
相互理解のためにお互いの文化の相違点について話し合いました。
4
写真④ 「フォーラムを終えた参加学生との集合写真」(筆者は後段右端)