他の教育機関や企業・団体等を通じての交流

本学の学生がロシア協定校での留学中や日本国内で、ロシア協定校の学生が本学に留学中や本国で、現地の教育機関や企業・団体を通じてさまざま人々と交流する活動を報告するコーナーです。


【日本国内】


2019年8月19日(月)
ロシアからやってきた「スラバのスノーショー」に出演中のクラウン(道化師の総称)の1人、サーシャ・フリッシュさんに本学に来ていただき、学生5人(うち3人が大学院生、2人が展開力事業に参加している学部生)のために、「自分と友人の人生に彩りを与える方法」と題したレクチャー兼パフォーマンスをしていただきました。
持参した小さなバッグから、クラウンの赤い鼻、ホフロマ塗りの木製スプーン、指貫、ハーモニカ、フルーツ絞り器を取り出し、そして道すがらスーパーで調達した3個のオレンジと1個のレモンといった小道具を駆使しながら、自身のなかのロシアとドイツの文化の融合、ロシア・チェリャービンスク地方に6年前に飛来した隕石の意味、白系ロシア人ヴァレンチン・モロゾフが日本で展開したチョコレートビジネス、そうかと思うと泣いている子をどうやってあやすか、右手と左手のバランスをつけるために役立つ、3つのオレンジを使っての「お手玉(ジャグリング)」の方法について説明し、そしてお手本を見せてくれました。さらに学生たちにウラル風ラップの歌い方を教えて一緒に歌わせ、最後に手品まで披露してくださいました。1コマの授業時間中、一瞬たりとも聞いている人を飽きさせない話術とパフォーマンス、さすがクラウンと思わせるには十分でした。

また、フリッシュさんはこのレクチャーに参加した学生全員を、それぞれの都合に合わせてスノーショーに招待してくれました。ショーを鑑賞した夜に見た「夢」、または思いついた「おとぎ話」をロシア語で書いてみるようにと、フリッシュさんは学生たちに課題を与え、学生らはそれに応えて創作体験をしました。ロシアからお越しになったアーティストによる本学学生のための有意義なワークショップ、そして文化交流の機会となりました。


2019年2月18日(月)
本学で学ぶロシア人留学生3名が、稲城市立若葉台小学校の国際理解を深める4年生の授業に招かれ、約100人の児童との対話形式で「ロシア」の言葉、地理、食、生活などについて説明するとともに、子どもたちと交流する機会を得ることができました。…続きを読む


2018年12月11日(火)
三井物産様
によるロシア教育プログラム・ロシア学生日本研修プログラムの一つとして本学にて「日露学生交流セミナー」が開催されました。...続きを読む


2018年11月12日(月)
日露青年交流センターが日本に招聘した56名の日本語を学ぶロシア人学生が本学を訪れ、交流会が開かれました。...続きを読む


2018年10月16日(火)、11月06日(火)、11月20日(火)
創価高等学校(小平市)のロシア語授業での交流
ロシアからの交換留学生5名が、創価高等学校のロシア語の授業にティーチング・アシスタント(TA)として参加し、高校生たちと交流しました。… 続きを読む


【ロシア国内】


2019年3月30(土)、31日(日)
日本文化イベント「日の出」(モスクワ)でボランティア活動
モスクワの北部にある博覧会場「ヴェーデンハー」の第75パビリオンで、(有)セゾングループ 及び (有)イ・エヌ・インターナショナルをオーガナイザーとする日本文化イベント「日の出」が開かれ、ロシア国立人文大学(モスクワ)に長期派遣で留学している柴田紗英さんと根本 茜さんがボランティア活動を行いました。 …続きを読む


2018年11月24日(土)
極東連邦大学(ウラジオストク)での交流
本学から極東連邦大学(FEFU)に派遣留学中の小河原聖矢さんが、大学主催の国際学生交流イベントに参加しました。… 続きを読む


2018年11月11日(日)、11月24日(土)
サンクト・ペテルブルクで日本文化を発信するイベントに参加
サンクト・ペテルブルク大学に派遣留学中の土田真紀子さんが、現地で和楽器の演奏者として日本文化を紹介するイベントに参加しました。… 続きを読む


2018年5月〜6月
サンクト・ペテルブルク児童図書館で日本語教育
本学からサンクト・ペテルブルク大学に派遣留学中の及川結さんが、市内の児童図書館で子どもたちに日本語を教えました。… 続きを読む


2018年5月1日(火)- 5月6日(日)
ハバロフスクでの植林事業に参加
本学から極東連邦大学に派遣留学中の宇都宮海さんが、ハバロフスクで行われた植林事業に参加しました。… 続きを読む